20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル

不採用になった後はどうする?不採用後の就職活動


エントリーした企業すべてが不採用・・・。このような状況に陥っている方へ

反省しなければいけない所はしっかり反省して次の就活に生かす!

現在、就職を目指して就活をしているけどなかなか採用をもらう事ができないというという方もいる事でしょう。

エントリーした企業すべてが不採用・・・。このような状況に陥っている方は何人もいると思います。

年齢的に就職に有利な20代でも就職を決める事に苦戦してしまう事があります。特にフリーターやニート、大学中退の方。学歴や経歴がない人は思うように就職を決めることができないことがあります。

やっと就職したい企業を見つけたのに不採用だった時はどうしてもショックうを受けてしまいますよね。不採用が続いてしまうと、ついつい就活に対するモチベーションが下がったり、落ち込んでしまったりもします。

しかし、だからといって就活に対するモチベーションを下げてはダメです。

なぜ不採用だったのか、なにか不備な所はなかったか、志望動機や自己PRはどうだったのか、面接はどうだったのかなど、反省しなければいけない所はしっかり反省しましょう。

そして、その反省を次の就活に活かしましょう。

この不採用。一見、マイナスの要素しかないと思いますが、この不採用をうまく利用して自分の就活をプラス変えることができれば次の就活。就職の成功確率は高くなります。

ですので、不採用になったからといって落ち込んだり、モチベーションを下げないで再度、就活に励んでもらいたいと思います。

まずは反省をしてどこがダメだったのかを分析する!

不採用をもらった時、なにがダメだったのかをまずは分析しましょう。

採用されなかったのには必ず原因があり、その原因を突き止める事ができれば次の就活に活かす事ができます。

志望動機、自己PRが原因だったのでは?面接に何か問題があったのでは?など、これまでの事を振り返り、なにか原因になったことがないのかを調べましょう。

そして、心当たりがあることは改善して再度、就活に励みましょう。

実際に失敗してからではないと分からない事も多くあるので、失敗を経験に変えて次は絶対に採用をもらうという事を強く意識して就活に励んでもらいたいと思います。

就職支援サービスにアドバイスをもらいながら就活を行うのもあり!

なかなか採用をもらえない、ダメだった所がわからない、という方には就職支援サービスの就職アドバイザーに相談してみるという方法がおすすめです。

就職支援サービスとは、その名の通り、就職を支援してくれるサービス。専任の就職アドバイザーが付き、様々なアドバイスをもらう事ができるので自分のダメな所、改善しなければいけない所がすぐにわかります。

就職アドバイザーは就職サポートのプロですので的確なアドバイスや指摘をもらう事ができるでしょう。

⇒DYM就職
⇒ジェイック
⇒ハタラクティブ

この3つの就職支援サービスには就職をサポートしてくれる就職アドバイザーがいるので現在、なかなか採用をもらえないという人におすすめできる就職支援サービスです。

いずれも20代の就職サポートをメインに行なっている就職支援サービスなので就職の心強い味方になってくれること間違いないです。