20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル
20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル > 20代 就職ノウハウ > 正社員になるなら20代のうちに!20代で正社員にならなければいけない理由

正社員になるなら20代のうちに!20代で正社員にならなければいけない理由


なぜ20代のうちに正社員就職しなければならないのか?

正社員になるなら早ければ早い方が断然に良い!

正社員になるなら早ければ早い方が断然に良いです。

その理由は、

・職歴(キャリア)を作る事ができるから
・様々な経験をすることができ、身に付くスキルも多いから
・30代になると転職はいっきに不利になるから

この3つが挙げられます。

私自身もそうでしたが、就職や転職をする時、経験とスキルがあれば有利に就職を決める事ができます。そして、20代だと様々な選択肢の中から就職先を選ぶ事もできます。

20代の早いうちから正社員として就職していれば、たとえ異業種への転職でもなにかしら活かせる経験やスキルがあり、その経験とスキルを武器に自分をアピールしていけば高い確率で転職を決める事ができます。

これは私の実体験なのですが、私は高卒で就職をしました。18歳から正社員として働いていました。

そこから約10年間、飲食一筋でやってきたのですが、30歳手前の29歳の時に思い切って異業種のWEB業界への転職を決意。そして、WEB業界への転職を成功させる事ができました。

飲食業界とWEB業界。まったくの畑違いのお仕事です。

飲食業界で身に付けたスキルをWEB業界でどう活かすのか?技術的なスキルでは正直に言ってなにもありません。

しかし、飲食業界で身に付けてきた事は技術的なスキルだけではありません。人との接し方や仕事に対しての向き合い方など、社会人経験を通して様々な事を学んできました。

WEB業界で活かせる技術はなにもありませんでしたが、仕事に対しての向き合い方や仕事に対する意欲をしっかりアピールすることで採用をもらう事ができたんですね。

もともとWEB業界はポテンシャル採用(人柄、可能性、将来性を重視する採用方法)を行なっている企業が多いという事もありましたが、30歳手前の29歳から未経験のWEB業界に転職する事ができました。

このように1日でも早く正社員として就職して様々なスキルを身に付け、キャリアを作っていれば転職もスムーズに行う事ができます。これまでのキャリアを活かす事ができるお仕事への転職だと尚更、スムーズに転職を決める事ができるでしょう。

20代と30代では企業が持つ印象や求める事が全然違う!

人材を募集している企業は20代、30代に持つ印象は全く違います。

【20代に持つ印象】
・将来性がある
・可能性を秘めている
・育成次第で化ける可能性がある
・バリバリ働いてくれる
・物事を吸収しやすい

【30代に持つ印象】
・どう会社の戦力になってくれるか
・会社にどのような利益をもたらしてくれるのか
・将来性よりもこれまでにどのようなキャリアを築いてきたのか
・30代なのに転職するの?

このように20代と30代では企業に持たれる印象はまったく違うものになるんですね。

そして、求められるものも変わってきます。

20代ですと将来性や可能性などポテンシャルが重視される事が多いですが、30代になると戦力になるか、ならないか、が重視される傾向にあります。

実際に30代の中途採用には即戦力になる事を求めている企業は多く、スキルなし、キャリアなし、という場合は採用をもらえる可能性は極めて低いです。

ですので、20代で正社員就職をして、しっかりキャリアを積んで行く事が重要になるんですね。

20代で培ってきたキャリアで30代、40代の人生が変わる!

先ほどもの述べましたが、20代で正社員就職をして、しっかりキャリアを積んで行く事が重要です。

定職に就かずに職を転々としていると、確かなキャリアは積めませんし、身に付くスキルもすべて中途半端になってしまいます。

20代の前半に自分に合った仕事を見つけ、最低でも3年~4年は働き、キャリアとスキルをしっかり身に付けましょう。

そして、後に転職をする時もこれまでのキャリアで身に付けたスキルを活かす事ができれば更なるキャリアアップ、スキルアップを図る事ができるでしょう。

転職をしてキャリアアップに成功すれば年収アップ、給料アップ、昇格にも繋げる事ができ、30代以降、安定した生活を送って行く事ができますよ。

そのためには20代のうちに将来を見据えたキャリアを積んでいく事が必須です。

その場しのぎで就職をするのではなく、5年後、10年後の自分をイメージしながら就職先を見つけた方が後になって後悔する事は少ないです。

30代、40代になった時にどのような人生を送っているかはは20代をどう過ごしてきたかで決まると言っていいでしょう。