20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル
20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル > 20代フリーター 就職 > 早くフリーターをやめたい!正社員就職をして安定を手に入れるには?

早くフリーターをやめたい!正社員就職をして安定を手に入れるには?

早くフリーターをやめるには!?

フリーターを抜け出すためにもすぐに行動を起こすことが重要

1日でも早くフリーターをやめて就職するにはすぐに行動を起こすことが重要です。

今ではフリーターの就職を支援してくれる就職支援サービスが数多く誕生しています。

フリーター向けの求人を中心に見つける事ができ、その上、就職をサポートしてくれる就職アドバイザーもいます。就職に役立つノウハウも豊富に収集することができるのでフリーターからでも有利に就職を決める事ができるんですね。

フリーターの就職を支援している就職サイトでおすすめなのが以下の3つの就職支援サービス。

⇒就職shop

⇒DYM就職

⇒ジェイック

いずれも豊富な就職成功実績を持っており、毎年多くのフリーターがこれらの就職支援サービスを利用して就職を成功させています。

フリーターをやめたい!就職したい!と思ったなら就職支援サービスに登録することは必須です。

現在、フリーターをやめて就職をしたいと望んでいるフリーターさんは上記でご紹介した3つの就職支援サービスを利用して有利に就職を決めてほしいと思います。

フリーターをやめるきっかけを見つける!

現在、フリーターから就職を決めることができている人は増えています。

上記でもご紹介しましたが、今では就職支援サービスも増えてきており、就職を行いやすい環境は整っています。

フリーターから就職を決める事ができた人の話を聞いているとフリーターから就職をする時、きっかけがあったと言うんですね。

「フリーターだとやっぱり将来が不安・・・」
「周りの友達がどんどん就職をして自分だけ取り残されている・・・」
「フリーターのまま30代になることに焦りを感じている・・・」
「フリーターでいることに対して親が不安に思っている・・・」
「安定した生活を送りたい・・・」

このような事を感じて就職をしようと決めている人が多いんですね。

こうしたきっかけを見つける事が就職の第一歩になるのではないでしょうか。

もし、こうした不安を感じたらすぐに行動を起こして1日でも早く就職を決めましょう。

フリーターから正社員になるメリットってなに?

安定した収入、高収入を得る事ができる

フリーターと正社員の違いで最も大きいのが収入です。

バイトは時給ですが、正社員の給料形態は月給です。働いた時間で給料が決まるわけではないんですね。

バイトですと働く時間が長ければ長いほど給料も高くなりますが、やはり働ける時間には限りがあります。

そして、仕事にもよりますが正社員で働いたほうがバイトよりも高い給料を得る事ができます。

勤続年数を積み重ねていくと、昇給もありますし、賞与も得る事ができます。

長い目で見た時、断然、正社員で働いたほうが高収入を期待することができるでしょう。

実際にフリーターの生涯賃金は約5,000万程度、それに比べて正社員の生涯賃金はなんと約2億円になるんですね。

ここまでの差を知ってしまうと正社員で働いたほうが断然にいいですよね。

安定した収入を得る事ができれば生活も安定します。将来的な事を考えた時、安定した収入を得るということはとても重要になります。

このように安定した収入を得る事ができる、高収入を得る事ができるということがフリーターから正社員になる大きなメリットになります。

雇用形態も安定している!

フリーターと正社員では収入の他にも雇用形態も安定しています。

正社員で雇用されると安定して働き続ける事ができるんですね。

企業側はバイトと違って正社員をそう簡単に解雇することはできません。

余程の規則違反などを行わない限りいきなり解雇される可能性は低いです。もし仮に解雇されたとしても会社都合の退職になりすぐに失業保険を得る事ができます。

しかし、バイトだといつ解雇されるかわからない状況の中働き続けなければいけなく、働き方が不安定です。

会社都合でいきなり解雇されることもあるでしょう。現場の責任者とソリが合わないということで理不尽に解雇されることもあるでしょう。

そして、バイトの場合、失業保険はでません。いきなり収入を失う状況に陥ってしまうので雇用形態のことを考えても正社員で働いたほうがメリットが大きいです。

20代のうちにフリーターを抜け出して正社員就職するべき!

20代だとフリーターでも有利に就職を決められる!

20代で就職を決めるのと30代になってから就職を決めるのとでは大きな違いがあります。その違いとは就職の成功率。

20代の方が幅広く、そして、有利に就活を行う事ができ就職の成功率は30代の人と比べて圧倒的に高いです。

企業の大半は30代には即戦力になること、企業のプラスになってくれること、この2つのことを求めている傾向があります。一方、20代にはそこまで多くのことを求めません。ポテンシャルを重視して人選を行っているのでフリーター、未経験、職歴なし、という状況からでも就職を決める事ができる可能性が高いんですね。

フリーター向けの就職支援サービスではポテンシャル採用の求人も多く見つける事ができるのでより有利に就職を決める事ができるでしょう。

冒頭でも述べた通り、就職支援サービスを利用することで就職アドバイザーがあなたの就職をしっかりサポートしてくれます。求人探しから履歴書の添削、面接対策、就業後のアフターフォローまで万全なサポート体制になっているので就職の心強い味方になってくれることは間違いありません。

⇒就職shop

⇒DYM就職

⇒ジェイック