20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル
20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービス | 20代就職マニュアル > 20代フリーター 就職 > フリーターからの就職。気を付けなければならないブラック企業への就職

フリーターからの就職。気を付けなければならないブラック企業への就職


ブラック企業への就職を回避する方法

ブラック企業への就職を避けるためにはどうすればいいか?

フリーターからの就職。気を付けなければならない事が多々ありますが、その中でも特に気を付けてほしいことはブラック企業への就職。

現在、ブラック企業が社会問題にもなっていますよね。低賃金、過度な残業、残業代未払い、休日出勤、パワハラ、セクハラなど、こうした問題がある企業をブラック企業といい、ブラック企業に就職してしまうと身体的、精神的に大きな負担をかけながら働き続けなければならないことになります。

せっかく就職できたということでブラック企業でも我慢して働き続ける人はいますが、なにひとつ良いことはありません。最悪の場合は命を落としてしまったり、病気になってしまう恐れもあります。

そんなブラック企業への就職を避けるためにはどうすればいいのでしょうか。

ここではブラック企業への就職を避ける方法、ブラック企業を見極める方法をご紹介しています。現在、就職を目指している20代の方には是非、目を通してもらいたいと思います。

ブラック企業への就職を避ける方法、ブラック企業を見極める方法

企業研究を入念に行う!

ブラック企業への就職を避けるためには、まず企業選びをしている時にその企業がブラック企業なのか、そうではないのか、を見極めることが必要です。

気になる求人を見つけた時、自分が探している求人を見つけた時、求人に掲載されている情報だけでその企業の事を判断するのではなく、企業のホームページやSNSを見たり、ネットで評判を確認したりなど、企業研究を入念に行いましょう。

そうすることでその企業がどのような企業なのかを確認することができ、ブラック企業なのかを見極める判断材料にすることができます。

入社してから後悔しないためにも、入社後も安心して働き続けるためにも、求人の情報だけではなく企業研究も入念に行なってその企業がどのような企業なのかを見極めましょう。

頻繁に人材募集をしている企業には気を付ける!

求人を見ていると、常に人材を募集している企業、頻繁に求人を掲載している企業を見つける事ができます。

実はこうした企業はブラック企業の可能性があるんですね。

なぜならば、常に人材募集をしている、頻繁に求人を掲載している、ということは、それだけ人材不足に悩まされている企業だと推測できます。

募集をしても応募が来ない、採用してもすぐに退職する、このような企業には必ず問題があり、そのせいで十分な人材を確保する事ができないため常に求人を掲載して人材募集をしている訳です。

やはり、安心して働き続けることができる企業は一度の募集でしっかり人材を確保することができています。離職率も低いため一度、募集・採用をするとしばらくは求人を掲載しなくて済むんですね。

こうして視点からもブラック企業を見極めることができるので求人探しをしている時、常に見る事ができる企業の求人には注意してください。

就職支援サービスで優良企業の求人を見つける!

現在、20代の就職をサポートしてくれる就職支援サービスが数多く誕生しています。

就職支援サービスでは20代向けの求人を豊富に見る事ができ、就職アドバイザーのサポートもあるので就職の心強い味方になってくれる存在です。

この就職支援サービス。ブラック企業の求人を扱わない傾向にあり、見る事ができる求人は優良企業の求人ばかり。

なぜ就職支援サービスはブラック企業の求人を扱わないのかというと、直接、評価に繋がってしまうんですね。

先ほど述べたように、現在、就職支援サービスは数多く誕生しています。競争が激しく、どの就職支援サービスも優良企業の求人を豊富に扱ったり、独自のサービスを実施したりなど、他社との差を作っています。

この競争が激しい業界ですのでブラック企業の求人を扱ってしまうと、就職支援サービス自体の評価が下がってしまうんですね。その結果、利用者が減り、他社と大きな差を付けられてしまいます。

このような理由から就職支援サービスを利用して求人探しを行なう事でブラック企業への就職を回避することができます。

就職支援サービスは20代の就職の心強い味方になってくれる存在です。優良企業の求人を見つけられる以外にも就職アドバイザーから就職サポートも受けられます。

利用するメリットは多くあるので是非、就職支援サービスを利用して優良企業への就職を決めてもらいたいと思います。